最新情報

友達と二人でAirbnbを利用してみました!

念願だった海外旅行に先日友達と二人で行ってきました!私と友達は同じ大学に通う大学生で、言語学を専攻しています。言語学を専攻しているとはいっても、本格的な現地の言葉を喋れるわけではありません。今回の旅行は現地のことをより知ると同時に、生の海外の言語に触れるということが目的でもあったのです。
私と友達にはそういった目的がありましたので、ツアーを利用しないことは勿論、通訳といったものも利用しないことにしていました。出来れば海外留学のような形で現地を楽しみたかったので、私達はAirbnbというサービスを利用することにしたのです。
このAirbnbというサービスを提案してくれたのは私の友達でした。友達曰く、このサービスを利用すれば現地の普通の住宅に泊まることができるというのです。またその住宅に泊まらしてくれる現地の方と交流を取る事もできますので、まんま短い海外留学であるといいます。
正にこれこそが私達が求めていたものであるといえるでしょう。私と友達は迷うこと無くそのサービスを利用することにしたのです。このサービスを利用するにあたって全く不安が無かったかといえばそれは嘘になります。今回私達は二人共女子学生だったというのも理由の一つです。勿論ホストの方が女性のみのところを選んで利用しましたが、嘘の情報を登録しているとも限らないのです。もしもこれでホストの方が私達女子大生二人に暴行しようと企てている男であった場合、私達に逃げ場所は無いといってよいでしょう。このAirbnbというサービスはそういったトラブルに対して保証金を支払ってくれる制度があります。ですが保証金だけで許されるものでもないので、利用するにあたってある程度の覚悟が必要になるのは間違いないでしょう。
私達の今回の旅行は幸い何事も起きず、またホストの方も良い方で素晴らしい旅行になったといえます。
毎回こううまく行くとは限らないので、ある程度の防犯意識は持っておいたほうがよいでしょう。

Airbnbのホストがするべき安全配慮基準について  

Airbnbは、空いている部屋を貸し出しすることで、収入を得ることができるサービスになっています。アメリカ発祥のサービス会社ですが、日本でも急速にサービスを拡大している会社です。旅館やホテルとの違いは、現地のホストと触れ合える点、その国の日常的な空気を感じ取れる部屋に泊まれる部分です。

現在190カ国以上でAirbnbが展開されています。今後もますます需要があるサービスとなるでしょう。理由は、ホテルよりも安く泊まることができる部屋も多く登録されているからです。予算に限りのある旅行者の場合、Airbnbで宿泊先を探せば、激安料金で泊まることもできる部屋も見つけることができるのが魅力だからです。

Airbnbを介した場合のホストとしてのもてなしですが、必ずしも宿泊利用者と接触しなければならない、ということはありません。ホストそれぞれの考え方や運営方針の裁量に任せられているからです。自由度の高い宿泊利用サービスサイトではありますが、ホストとしての基準も設けられています。

安全面では、緊急時の連絡先の明示、救急箱のセッティング、国際建築法を満たしている防火配慮、避難経路の目印などをしっかりとしなければなりません。空室を提供して収入を得るかわりに、しっかりとホストとしての責任も果たさなければならないのです。

利用人数に関しても、自分が住んでいる自治体の規則があれば、従う必要があります。安全配慮のため、むきでているままになっている電線も保護する、階段に手すりがなければ手すりの設置なども必要になります。Airbnbでは、外国人の旅行者を想定しているため、空調にも万全を期していなければなりません。貸し出しする予定の部屋にエアコンがなければ、エアコンの設置も必要になります。

ゲストがいつでも、快適な温度の部屋で過ごしてもらうためには、エアコンが必要になるからです。日本の湿度や寒さに慣れていない外国人旅行者は多いので、エアコンの設置は外せない項目です。安全面の配慮をしっかりしてこそ、過ごしやすさにつながります。それがホストとしての人気も高まり、収入増へとつながります。

「暮らすように旅をしよう」というAirbnbの理念に誘われて

旅に出た時、一番感じたいのは現地の空気感ではないでしょうか?まして行き先が海外なら、なおさら現地の生活を感じてみたいですよね。そんな旅の理想を具現化するサービスが、何かと話題のAirbnb(エアビーアンドビー)です。
家を貸しても良いと思う人がサイトに登録し、借りたい人がそれを見て、好みの家を探して申し込むというのがAirbnbサービスの使い方です。利点としてはネイティブと同じ生活を体験できるという事と、値段の安さが挙げられるでしょう。貸している方の多くが、暴利をむさぼるためにこのサイトを利用している訳でなく、「旅する人に、自分の国を好きになってもらいたい。」という、ある種の国際交流のつもりで貸しているからこそ、料金が低めになっていると言えます。
世界190か国に上る地域で借りる家を検索できるようになっており、このシステムの世界的広がりに目を見張るばかりです。
今まで旅行というと、まずホテル探しから始めていた人間からすると、Airbnbのサービスは目からウロコが落ちるような気がすると同時に、なんだかひどく自由になったような気がします。サイトのトップページに書かれた「暮らすように旅をしよう」という一文が、このサービスの全てを表現しているように感じます。
Airbnbのサイトでは、自分が旅行のため自宅を留守にする間、サイトを利用し自宅を人に貸し、貸したお金を自分の旅費に当てることを提唱しています。一度借りてみた後は、恩返しの気持ちを込めて、今度は貸す側に回ってみると良いかも知れませんね。
折しも日本への旅行熱が高まり、旅行者の数は年々増える一方です。さらに数年後には東京オリンピックを控え、ますます海外から訪れる旅行者の数が増えることが予想されています。ロンドンで開催されたオリンピックが、Airbnb利用者のイギリスにおける拡大を後押ししたという見解があり、東京でも同じことが起きるとされています。この流れを逃さず、あなたもAirbnbの一員として、「おもてなし」の心を披露してみては?

日本でも拡大が見込まれるAirbnbサービスの利用

ここ最近Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスについて、新聞やテレビでの報道が増えてきています。
Airbnbとは、ネットでの登録を通じ、自宅を貸したい人と借りたい人とを結ぶサービスのことです。現地の普通の暮らしを体験できるとあって、一歩先行く旅行の形を楽しみたい人たちの間で、大人気となっています。借りられる物件としては、個人のお宅以外にもお城やツリーハウスといったユニークなものもあり、旅行する人たちの冒険心をくすぐるラインナップに、サイトを覗くだけでも充分楽しめます。
欧米では大分ポピュラーなサービスになっているAirbnbですが、日本ではまだまだ目新しいです。借りる側として使ったという方も少く、まして貸す側で使ってみたという人は尚更希少という状況です。
しかし東京オリンピックによる外国からの旅行客の増加によって、日本国内の宿泊施設の不足が予測されている今、Airbnbのサービスの日本における拡充を望む外国の方々の声は大きいです。こういった要望を受けて、「一つ国際協力がてら、ボランティア的に自宅を貸してみようか?」と考えてみるのも良いかも知れません。もちろんちょっとしたお小遣い稼ぎにもなる点も、嬉しいですよね。
ただし見知らぬ他人に部屋を貸す以上、何がしかのトラブルに見舞われる危険は、やはり無いとは言い切れません。海外などでは、部屋を汚く使われたというトラブルも報告されています。Airbnbのサイトでは、泊まった方へのホストからの評価が記載されており、用心のため評価が高い人しか泊めないなどの自衛策を講じた方が良いでしょう。
また最近は、Airbnbで貸すことを事業として捉える人たちと、ホテル業界との軋轢が、各国で問題化しています。自宅ではなく、Airbnb用にわざわざ購入した物件を登録するホストがいて、それが正規の法律に従って営業をしているホテルの経営を圧迫しているのです。
海外では警察に摘発されるケースも出てきています。Airbnbはやはりボランティア的に使用するべきと感じるところです。

Airbnbは旅行の感覚を変えるサービスという点

遠くに旅行に行く際には準備や計画が必要で複雑なケースが多いです。最近ではどういう場所に泊まるのかも大きな問題として存在しています。ユーザーが求めているのが格安で旅行に相応しい場所です。できるなら現地で泊まれる場所を見つけられると幸運な感覚になれます。

Airbnbは斬新なサービスで既に世界中の支持を集めていて面白いです。これを使うと現地の珍しい家に泊まることができるのでテンションが上がることがイメージできます。旅行を楽しむためにはそういった斬新なサービスも必要なのでこれは最高です。実際に現地で泊まった人の体験談も分かるので気になる時はチェックできます。

現代人は旅行に意外性を求めていてそのためにこういったサービスが人気なのです。話題のAirbnbは世界中の面白い場所に泊まれるので特別な体験になることは当然です。またその泊まれる場所には島や豪華な家もあるのでチェックするとより楽しくなります。できるなら最高の環境に泊まって旅行を素晴らしい経験にしたいものです。

Airbnbの成功で分かったのはユーザーが斬新な旅行を追求している点です。実際にこれを使っている人は他の人とは違った視点で旅行を楽しんでいます。だから規格外の旅行を計画していて面白いサービスがそこに入ってくるのです。現地で好きな家を選べるのは個人的にも得なのでお勧めの内容です。

やはり旅行では普段とは違った感覚を楽しみたい考えがあります。Airbnbが提供しているのはそういった要望に応えるメニューです。実際に信じられない場所に泊まれれば人生はより面白くなります。また一度だけの体験でも最高の場所に泊まれると幸せになれるのです。今は旅行の感覚が昔とは違うのでこういうサービスは積極的に使うべきです。新しいサービスは常に一般ユーザーの考えを超えてきます。現地の人は様々な家を持っているので試しに見てみるのも価値があります。これらのサービスによって新しい旅行のスタイルが広がったことは高く評価できます。

信用できない!?Airbnbの安全な利用方法!

今巷でなにかと話題なAirbnbですが、本当に信用してもよいのでしょうか?一時的とはいえ赤の他人に家を提供するわけですからホスト側は勿論、赤の他人の家に泊めてもらう利用者としても何かと不安になってしまいます。実際にこのAirbnbというサービス名で検索をかけてみると予想外のトラブルに巻き込まれてしまった人の書き込みが目につきます。ホストの方が暴行されてしまったり、また家のものを破壊された、娼婦宿として利用されてしまった等様々なトラブルが起こっているようです。

こういったトラブルが起こるのを未然に防ぐために、事前にホストと利用者でコミュニケーションをとることができます。お酒を飲むのか、たばこを吸うのかといったことから話すことの出来る言語からお風呂の有無まで様々です。airbnbホストとしてこのサービスを利用するつもりであれば、まずは宿泊者を女性の方に絞った方がよいでしょう。実際女性の方に限定して募集をかけている人はとても多く、男性で利用者としてこのサービスを利用しようと思ったら少々肩身の狭い思いをするかもしれません。

さて、タイトルにも書いたこのサービスの恐ろしい罠の部分についてですが、このAirbnbはそういったトラブルが起こった場合、ある程度保証金を支払ってくれることになっています。今までの事例で言うと最大8000万円の保証金が支払われたことがあったそうです。この保証金ですが、必ず支払われるものだと思っていると痛い目を見てしまうかもしれません。トラブルが起きた場合、厳正な審査が行われるのですが、その審査の結果保証金を受け取ることが出来なかったという話を聞くことが出来るのです。もしもホストとしても、利用者としてもこのAirbnbというサービスを利用するつもりがあるのであれば、そういった注意事項に一度は目を通しておいたほうがよいでしょう。性善説に基づいてつくられたサービスですから、もしものことが起きた場合、自分で対処するつもりくらいの覚悟が必要です。

印象に残る宿泊施設に泊まりたい

海外旅行の際に安く宿泊施設を利用することができるAirbnbを利用する際には、事前にネットで利用登録をしておくのです。そして、実際に旅行先の地域の物件をネットで探して回るのです。詳細な写真が掲載されているので、その写真の内容をもとに部屋の間取りや立地条件などをいくつも調べて行くのです。そこで注意したいのは自分が行きたい観光地からあまり離れていない物件を探すことです。

観光地から遠すぎると、現地のレンタカーを借りて移動してもかなりのロスな時間が発生してしまうのです。町並みをドライブして楽しむというプラス要素もあるのですが、現地で渋滞する時間帯などもある為、これらを考慮に入れていくとある程度の地域へ絞り込まれていきます。最近はAirbnbに登録されている物件数もかなり増えているので、特定の地域に絞って検索をしても見つけることができるはずです。このように、自分の利用範囲をよく考えて物件を探していけば、利便性が良くて見た目にも良さそうな物件が見つかるのです。

そして、旅行の日程を照らし合わせながら必要な日数の予約を入れるようにします。そして、物件のオーナーからの予約受付のOKサインを待つのです。そして、その連絡が来たらその物件を借りることができることになります。このようにして、世界中の物件を自分の旅行プランに応じた日数だけ借りる事が可能になります。ほとんどの物件は近くの安いホテルを借りるよりも安い価格設定になっているはずなので、よりリーズナブルな旅行を楽しむことができるのです。

そんな事があるので、宿泊費用の予算を通常と同じ程度に見積もるのであれば、よりゴージャスな宿泊施設を探すことも可能になります。例えば、ペンションやコテージなどのアウトドア感がある部屋を探したり、古いお城のような物件を借りることも可能だったりするのです。そのような楽しみが広がるので、Airbnbで物件を探す人が増えているのです。観光地だけでなく宿泊施設でも楽しめる良い旅行が期待できるのです。

このサービスで稼ぐことができることも

Airbnbを利用して、大金を稼いでいるユーザーも生まれています。何と家を貸すだけで年収500万円以上という状態を生み出すことが可能となっており、これをビジネスとして活用している方も生まれているのです。本来はそのようなことが出来ないと思われますし、ホテルとの競合という観点では結構苦労することとなりますが、サービスを提供している人が頑張っていけば、相当稼げるチャンスのある方法を生み出すことができます。提供する家を綺麗にしたり、住みやすいなと思って貰えば、リピーターを作ることができます。
再びその場所へ旅行をすることが決まった場合、この家にもう1度泊まればいいだろうと思って、結果的にまたAirbnbを経由して利用することとなります。これによってまた宿泊客が来てくれて、お金を受け取ることができるのです。これをどんどん続けていくにつれて、希望する方が増えてきて、かなりの方が泊まってくれるようになります。口コミなどでさらに評判がよくなっていくと、どんどん宿泊客の増加が期待できるようになり、泊まっている人からお金を貰うことができます。
こうしてビジネスとして自分の家を貸し出し、宿泊施設として利用することが可能となっています。Airbnbを利用している人の中には、こうしたビジネスを考えている方も多く、ちょっとした副業で提供していたり、本当に宿泊施設感覚で貸して、それだけで生活をしようと考えている方もいます。そのため宣伝という部分が重要視されており、何とかして多くの宣伝を行って、自分の家に泊まってくれる人を見つけてこなければならないのです。実はこの作業こそが一番難しいとされています。
Airbnbを利用することによって、泊まる家をしっかりと見つけられるサービスは非常にいいものとなっています。これによって貸す側には多くのお金が支給されることとなり、場合によってはこれだけで生活ができるくらいの金銭を受け取り、また家を貸すという状態が生まれます。このエアビーアンドビー副業と呼んでもいいビジネスは今後広まっていくのではないでしょうか。2020には東京オリンピックもあるので更なる発展が期待できそうです。

良いオーナーの物件を選ぶようにする

Airbnbを利用してみると、その便利さに感動することが出来ます。例えばこちらが部屋を貸す側になった時、貸し部屋の掃除をしてくれるairbnb掃除代行サービスなんかもあります。また通常旅行をするときには、ホテルに宿泊することがお決まりですが、ホテルよりも良いメリットがいくつもあります。

まず、前提としてホテルのように朝食付きで宿泊できるはずはありません。現地の物件をそのまま借りているだけなので、レストランなどは自分で足を運んで行く事になります。

それとは別に、通常の住宅と同じようにキッチンがついているので、現地で食材を調達して思い思いの料理を楽しむというやり方があります。

Airbnbで借りた物件には、ベッドやテーブル、冷蔵庫やエアコン、テレビと電気ポットや電子レンジ、そしてWi-Fiルーターにティッシュペーパーまでが常備されています。つまり、以前からその物件に住んでいたかのような状態になっています。

旅行初日からリラックスできる環境を楽しむことが出来るので、旅行そのものが自由な感じになります。

旅行のスケジュール的にも自由な時間を多く取り入れることが大事です。Airbnbで物件を借り受けているので、自由な時間を満喫してアトラクションやショッピング説などを楽しむ時間も自由にします。

特に楽しめるのが食事です。好きな食材を自由に食べることが可能になるので、食料品が売られているお店で躊躇することがありません。生もののような食材であっても、すぐに調理して食べることが可能になるので、そのあたりもAirbnbのメリットとなるのです。

そしてトラブルになる可能性を最小限に抑えることが大事です。物件の鍵をなくしてしまったとか、ネット接続がうまくいかない等の問題が出たときに、スムーズにオーナーと連絡を取って対処してもらうことが重要です。

そんな事があるので、Airbnbにて物件を借りる際にはオーナーの対応がどうなのかについて、これまでに借り受けた人たちのレビューを参考にするようにします。

これらのポイントを注意していけば、Airbnbにて良い旅行を楽しむことができるはずです。

Airbnbで自分を成長させる

自分を成長させるものというのはいろいろなものがあると思いますが、経験することで見えてくるというものが確かにあります。その点でできることは海外旅行かもしれません。日本の社会にどっぷりと浸かっていると、見方が狭いものになってしまうことがあるものです。世界を見ることで違った景色、人々の生活習慣や考え方などを学ぶことでそこから得られるものは数え上げればきりがないほどあるかもしれないのです。海外旅行は以前ほど難しいものではなくなってきています。低価格の格安航空の台頭により比較的安く、アジアや東南アジア方面にいけるようになりましたし、ツアーも充実してきています。とはいえ、ただ単に海外に行くだけで得られるものは限られています。現地の人たちと触れあい、その生活に密着することでその土地から学んでいくことができるのです。それは容易なことではありませんが、それを可能にするのがAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスです。

これはその現地の人たちが自分の家などを貸し出ししているサービスのことであり、これを利用すれば現地の人と同じような生活ができることになります。いわば民泊にも似ていて、家の一部屋を滞在用に借りたりすることができるということなのです。一緒に食事をすることもあれば、会話をすることも多くなります。普通の部屋に滞在するので地元の暮らしが見えてくるのです。生活の知恵や地元料理を楽しむことさえできるかもしれません。このようにAirbnbサービスというのは現地の人たちと旅行者との結びつけるツールになるのです。しかも費用はとてもリーズナブルであり、ホテルを利用するよりもずっと安く滞在ができることになるのです。Airbnbサービスは世界の広範囲で利用できるようになっており、登録している人たちはどんどん増えてきていますので、旅行の際には是非とも利用したいですし、このようにして自分を成長させていきたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ