最新情報

2015年7月27日
airbnb経験談
Airbnbで現地の生活を体験、友達も出来ちゃった
2015年7月24日
airbnbとは?
Airbnbのホスト側のメリットとデメリット
2015年7月21日
airbnbのメリット
Airbnb(エアビーアンドビー)の魅力と利点について
2015年7月18日
airbnbとは?
より柔軟に旅行を楽しむために
2015年7月15日
airbnbに関する考察
Airbnbで500万円儲けたというのは本当?

Airbnbで現地の生活を体験、友達も出来ちゃった

アクティブで一人旅が大好きな友達のA子。
海外でも何でもバンバン出掛けちゃって、交友関係が物凄く広い子なんです。
彼女のFacebookは、日本人よりも外国人の方が多い位なんです。
それに比べて私は、海外旅行へ出掛けたのは1度きり。
それも姉の結婚式で親戚皆とグアムに。
そんな私が一人で海外旅行へ行くことになったんです。
どこのホテルにしようか悩んでいた時、A子に勧められたらのが最近日本に進出してきたAirbnbだったんです。
Airbnbって言ってみれば現地の人からお家やお部屋を貸して貰うこと。
ホテルに泊まるよりも、現地の生活をずっと体感する事が出来るし宿泊料金は場所によって様々だけれど、ホテルに泊まるよりも安く済ませる事も可能。
ホストから現地のオススメスポットを教えてもらったり、時にはホストの友人を紹介して貰えて交友関係が広がって凄く充実した旅になるよって勧められたものだから、つい私もノリノリになっちゃいました。
私の旅行先はロンドン、Airbnbのサイトを見て自分と同年代の女性がホストのお家に泊めて貰う事にしました。

結果的にはAirbnbを利用して良かった、と心から思います。
ホストとは今でも連絡を取り合う位だし、ロンドンの若者がどんな生活をしているのか間近で見て体験する事が出来ました。
ホテルってロンドンも日本もそこまで変化がある訳じゃないですけど、一般の住宅は全く違うんですよね。
だから凄く新鮮でした。

海外旅行は何回も体験しているよ!って人もAirbnbを利用した事がないならAirbnbを利用した海外旅行に出掛けてみるといいですよ。
観光客がうじゃうじゃいるようなスポットじゃなく地元の人しか知らないような穴場を教えて貰えますし、本当に楽しいですよ。
正直始めはAirbnbを利用する事に不安もあったんです。
なんていっても知らない人からお部屋を借りる訳ですし。
そんな時には、ホストの口コミをチェックしてみると良いですよ。
私も口コミを参考にして、ホストを探しました。
部屋もホテルに泊まるよりも安く利用出来ましたし、オススメですね。

Airbnbのホスト側のメリットとデメリット

Airbnb(エアービアンドビー)というサービスが近年話題になってます。このサービスについて初めて耳にしたという人もいるかもしれません。いったいAirbnbとはいったいどのようなサービスなのでしょうか。それは、宿泊先として借りたい側と貸したい側をマッチングするものです。世界中で現在このサービスを利用することができます。では、実際にホストとしてAirbnbを利用することにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
まずメリットとして、空き家を宿泊施設として貸し出すことができるので、収入を得ることができるということです。これまではただの空き家として扱っていたものを貸し出すことができるので、実際に儲けることができます。さらに、ある程度整備する必要があるので、最初に初期投資が必要ですが、その分、空き家にしておくよりも家の状態をよく保つことができます。
次に挙げることができるメリットは、外国人と交流できるというものです。もちろん、ホスト側はお客さんを観光案内した利する必要はありませんが、ホテルというよりもホームステイに近い感じのサービスなので、ある程度密な交流を楽しむことができます。すでに外国語を勉強している人にすれば、普段なかなか知り合うことができない外国人と過ごせる機会となるので、大きなメリットがあります。さらに、こうした機会に世界中の人と友代となることができます。その後も継続的に交流を深めていくことが可能です。またホストとして家をかすとairbnb couponをもらえる制度があります。airbnbクーポンの使い方はここでは詳しく書きませんが非常にお得ですよ。
では、ホスト側にとってはどのようなデメリットがあるのでしょうか。一つは治安という問題です。実際に、隣の家に常に見知らぬ外国人が住んでいるというのは不安を感じるものです。それで、もしこれから空き家を貸し出すことを考えているのであれば、近所の人にそのことを伝えておくことは必要です。そうすることによって不必要な誤解を避けることができます。
このようにAirbnbにはホスト側にもメリットがあれば、デメリットがあります。それを理解したうえで利用すると楽しく続けることができます。

Airbnb(エアビーアンドビー)の魅力と利点について

Airbnb(エアビーアンドビー)とうサービスをご存知でしょうか。
旅行の際、現地に住む方の家を直接借りられるサービスです。
世界中で広がりを見せ、日本人のユーザーもどんどん増えてきています。

海外旅行者は1年を通して莫大な数になりますが、そんな多くの観光客にとって泊まる所というものはとても重要です。
普通ならばホテルでも借りるところですが、このAirbnbを利用する方も最近ではとても多いのです。
現地の人と直接コミュニケーションを取れて、その国の習慣や食事に触れることが出来るのです。
これはホテルでは味わえないことですよね。
食事1つとっても食材にも現地の方のこだわりなどが見えてきます。
日本人同士で食事をしても、出てきたものに対して美味しいかどうかでしか評価できません。
しかしAirbnbを利用して現地の家に宿泊した場合、食事の材料や正しい食べ方なども教えてもらえるのです。

何よりも現地の方と親しくなるということは、旅行にただ行って写真をとって終わりという従来の形と比べて思い出に残りやすいです。
ホテルではないからこそ多少不自由な部分もあるかもしれませんが、それさえも現地の良い思い出として残るでしょう。
ただ綺麗な部屋に泊まるだけなら国内旅行でも何も変わらないのです。
現地の生活に直接触れることが出来るのがAirbnbの最大の魅力と呼べるでしょう。

反対に日本でも海外の旅行者を受け入れている人も増えてきました。
英語が苦手とされる日本人ですが、逆に英語が出来るだけで周りに差をつけることが出来るのです。
なかなか他の人達には出来ないことをやってみるのも楽しいかもしれません。
日本に来る観光客は円安の影響で増加の一途を辿っています。
日本で自らの家を宿として提供する側になるのも、楽しいかもしれませんね。
海外の方と、日本に居ながらにして交流が出来るというのは素晴らしいことです。
世界中の人をつなぐこのサービスはどんどん広がりを見せていくことでしょう。

より柔軟に旅行を楽しむために

旅行をするときにはホテル選びで困ることが多くなりますが、ある程度広い部屋を探すとそれなりの金額になってしまいます。そこで考え方を変えて、旅行先の現地にある物件の空き部屋を探すという方法があります。

これをAirbnbと言うのですが、今では全世界に利用できる空き部屋が登録されていて、自分好みの物件に宿泊するような旅行を計画することが可能になっています。

ポイントになるのは、生活をするような道具がすべてそろっていると言う事です。つまりキッチン用の道具から洗濯機などの家庭で当たり前に使っているような電化製品などもあるので、旅行先で現地の人と同じような生活をすることができるのです。

基本的には旅行者向けのホテルではなく、現地で済む人たちの物件である事が多いので、より現地の生活内容を体験することが可能になるのです。

このAirbnbを利用する為には、旅行の前段階で自分の旅行先の地域の情報を調べるのです。自分の旅行のプランと目的の地域の情報をAirbnbのサイトに登録し、その近隣の物件をチェックしていきます。

都会であっても田舎で会っても多くの物件が登録されているので、自分がお気に入りの物件を探すことができるのです。

時には、森の中にあるようなコテージを借りる事もできれば、高層ビルの一部屋を借りることも可能なのです。昔ながらのお城を貸し出している物件もあったりと、ホテルに宿泊して旅行をするよりも、更にエキサイティングな旅行が楽しめるのです。

そして、ホテルに支払う宿泊料よりも安くなる可能性もあります。そのあたりの料金は国によっても変わってくるのですが、安い旅行をするためにAirbnbを利用するという考え方も有効なのです。

世界各国で宿泊施設を提供してる人の考え方によって、貸し出し施設の中身が大きく変わるので自分の希望する内容の施設であるかを多くの情報から絞り込んでいくという作業が必要です。町中の観光よりもよりよい宿泊施設を目的に旅行をする考え方もありです。

Airbnbで500万円儲けたというのは本当?

Airbnbで500万円儲けたというタイトルがあったのですが、「Airbnbとは何?」と疑問符だらけになってしまいました。ただ、どこかで最近見かけたような気もしていました。

その記事を読んでみると、どうやら自宅を「宿」として営業しているようで、その年商が500万円になったのだとか。年商500万円だから利益は少なくなるのだろうけど、それにしてもなかなか稼ぐことができるのがAirbnbというもののようです。

自宅を宿にするというのは、どうやら外国人観光客を相手にするサービスのようで、アメリカ生まれのようです。Airbnbは、「民泊」プラットフォームと呼ばれているようなのですが、自宅に泊めることをAirbnbというのではなくて、Airbnbというサイトか会社があるのかもしれません。Airbnbは部屋の予約があるたびに手数料を得ているとあるから、Airbnbがそのサービスを取り仕切っているという感じのようです。Airbnbが日本でもサービスを提供しているから、冒頭の人のように、すでに稼いでいる人がいるということなんでしょうね。世界190ヶ国に広がっているみたいです。

自宅に泊めればいいだけなので、特別に何かを用意したりしなくてもいいということなのかな?ホストとして、ゲストをおもてなししたりする必要はないのでしょうか?何か盗まれたり、壊されたりしたらどうするんでしょうね。ホテルや旅館ではないから、Airbnbは許可とか届け出も必要ないのかもしれません。ただ宿泊させているだけということになるわけなのかな?友達を宿泊させているって言えばいいのかもしれませんね。おそらく、普通に暮らしている自宅に宿泊させるということではなくて、空いている部屋があるとか、空き家になっている家を使っているのがAirbnbなのかなあ?ゲストとして迎えるということになると、ホームステイみたいになっちゃいますものね。ショートステイということでしょうか?

でも、ホテルや旅館と違って、外国の一般人の家に宿泊するというのは、思っている以上に楽しいかもしれません。ホテルだったら、どの国に行ってもほとんど同じでしょうから。まあ、外国人なら日本の旅館は楽しいかもしれませんが、普通の人々の家という方がその国のことがわかりそうです。もしAirbnnbを利用する事があれば普通の民家を希望します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ