Airbnbで500万円儲けたというのは本当?

Airbnbで500万円儲けたというタイトルがあったのですが、「Airbnbとは何?」と疑問符だらけになってしまいました。ただ、どこかで最近見かけたような気もしていました。

その記事を読んでみると、どうやら自宅を「宿」として営業しているようで、その年商が500万円になったのだとか。年商500万円だから利益は少なくなるのだろうけど、それにしてもなかなか稼ぐことができるのがAirbnbというもののようです。

自宅を宿にするというのは、どうやら外国人観光客を相手にするサービスのようで、アメリカ生まれのようです。Airbnbは、「民泊」プラットフォームと呼ばれているようなのですが、自宅に泊めることをAirbnbというのではなくて、Airbnbというサイトか会社があるのかもしれません。Airbnbは部屋の予約があるたびに手数料を得ているとあるから、Airbnbがそのサービスを取り仕切っているという感じのようです。Airbnbが日本でもサービスを提供しているから、冒頭の人のように、すでに稼いでいる人がいるということなんでしょうね。世界190ヶ国に広がっているみたいです。

自宅に泊めればいいだけなので、特別に何かを用意したりしなくてもいいということなのかな?ホストとして、ゲストをおもてなししたりする必要はないのでしょうか?何か盗まれたり、壊されたりしたらどうするんでしょうね。ホテルや旅館ではないから、Airbnbは許可とか届け出も必要ないのかもしれません。ただ宿泊させているだけということになるわけなのかな?友達を宿泊させているって言えばいいのかもしれませんね。おそらく、普通に暮らしている自宅に宿泊させるということではなくて、空いている部屋があるとか、空き家になっている家を使っているのがAirbnbなのかなあ?ゲストとして迎えるということになると、ホームステイみたいになっちゃいますものね。ショートステイということでしょうか?

でも、ホテルや旅館と違って、外国の一般人の家に宿泊するというのは、思っている以上に楽しいかもしれません。ホテルだったら、どの国に行ってもほとんど同じでしょうから。まあ、外国人なら日本の旅館は楽しいかもしれませんが、普通の人々の家という方がその国のことがわかりそうです。もしAirbnnbを利用する事があれば普通の民家を希望します。

SNSでもご購読できます。