airbnbは旅行の革命

今、airbnb(エアビーアンドビー)がとても話題になっています。エアビーアンドビーというのは、現地の家を借りられるサービスです。従来は、旅先ではホテルを借りるしかありませんでしたが、発想を転換させ、個人の家に泊まってもらえばいいのではないかと考えたわけです。
これは実にコロンブスの卵的なアイデアではないでしょうか。このようなことが爆発的に広まったロンドンオリンピックからのようです。これは、貸し出す側にとっても大変なメリットがあります。自宅をそれなりには守っておく必要はありますが、しかし、貸し出すことで収入になることはたしかです。一泊いくらですから、毎日貸し出せるのであれば、そのお金で食べていくこともできるわけであり、それなれば貸し出そうという人も大勢いて当然ではないでしょうか。
借りる側にとっても、非常にいい経験になるでしょう。ローカルな習慣というのは、これまでのホテルでの滞在ではなかなか味わうことができないものでした。しかし、このエアビーアンドビーでは、ローカルな暮らしをそのまま味わうことができるわけです。これは従来の旅行の概念を覆すくらいのインパクトがあるものと言えましょう。
たしかに、法整備が必要ということはあるようです。日本では岩盤規制のようなものがあるので、これが広がるにはまだ時間を要するかもしれません。しかし、日本でも、エアビーアンドビーはそれなりには行われているようであり、広まるのも時間の問題ではないでしょうか。
これにより旅行の概念は革命的に変更されますので、従来は旅行などしなかった層も、旅行を楽しむようになることが想定されています。実際、エアビーアンドビーで旅行客が落とす金は、従来の旅行客よりも大きいようです。家でじっとしていることの価値も現在では増えてきているようですが、それを上回る価値をエアビーアンドビーが持っていることを、自宅好きに認識させられるかが問われています。

SNSでもご購読できます。