airbnbとは?

airbnbを知らない人を魅了してしまう特別な物件4選!

airbnbを知らない人を魅了してしまう特別な物件4選!

今話題のairbnbですが、実際どういったものかわからない人も多いと思います。
そこで今回は少しでも興味を持てるように世界の変わったairbnb物件を紹介していきたいと思います。

airbnb物件その①:トレーラーハウス

ワクワクするほど楽しくなる宿から選べるAirbnbには、おしゃれでレトロ感満載なトレーラーにお泊りができます。
ポップでカラフルな外観のトレーラーハウスは、内装も個性的です。
きちんとキッチンからベッドもあるので、まるで自分の部屋のように使えます。

airbnb物件その②:ツリーハウス

ヨーロッパでは子供も喜ぶツリーハウスに泊まれたりします。
木の上に部屋があるから、まるで本当に木の中にお泊りしているような感覚になれます。
日本ではツリーハウスに泊まるなんてそうそうできない体験です。

airbnb物件その③:風車

もっと面白いのが、風車です。
実際に使われていた風車の中に泊まり、その構造を楽しむことができたりするのです。
風車の中なんて入ったことがある人なんてそうそう少ないと思います。

海外のairbnbだからこそできる体験だと思います。

airbnb物件その④:トゥルーリ

Airbnbには、イタリアならトゥルーリという宿もお勧めしています。
まるで童話の世界の家のような外観の宿です。

レンガを積み重ねた宿でもあり、夏は涼しく、冬は暖かいのが特徴的です。
天井がとても高く、室内はアーチ型の天井が心休まるところです。
レンガの素朴な風合いが気持ち良く、ずっと泊まりたくなるような素敵さがあります。

さらに変わったairbnb物件も!

他にも、都心ながら落ち着いた農園にお泊りし、野菜作りを楽しめたり、落ち着いた雰囲気の宿でゆったりと過ごすことができます。
おとぎの国のコテージなどの宿もあり、大人も童心に戻っては宿泊を楽しめるのが楽しいAirbnbです。

驚くことに、大きなリスティングの中に、こじんまりとした小さなリスティングがある宿を楽しめたり、どこかやすらぐ空間を楽しめる貨物コンテナの宿もあります。
貨物コンテナは、壁がポップなレッドカラーとなっていたりして、そこがますます遊び心に火をつけるところです。

もっと変わったairbnb物件に泊まりたいなら!

もっと変わった宿に泊まりたい人には、歴史を感じさせる可愛い幌馬車や、陸のボートなどがお勧めです。
静かな空間を満喫できる地下の家なら、夏がとても涼しいのが魅力的です。

博物館に泊まっているかのような感覚になれる、アムステルダムのハウスボートも人気です。
海の上に建っていたり、まるっきり船をそのまま宿にしていたりします。
ユラユラとなる動きが気持ち良く、リラックスしてお泊りができる楽しい宿に泊まれるAirbnbです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
airbnbにはたくさんの変わった物件があるのがわかっていただけたでしょうか?
皆さんも1度は泊まってみたいと感じたことだと思います。

国内でも地方へ行きairbnb物件を楽しむことができます。
また、自分の持っている物件をairbnb物件として代行運営してくれるサービスものあるので是非ご利用してみてはいかがでしょうか?

▼airbnb代行サイト▼
新宿・渋谷・池袋の物件が豊富!airbnbの運営代行サービス「Airbnb Expert」

上記のサイトは新宿・渋谷・池袋の物件が豊富のようですがもちろん地方でもサービスを承っているようです。
やはり2020年の東京オリンピックに向けて国内でのairbnb市場が増加するため都心を充実させているのが今の動向みたいです。

是非今回の記事でairbnbに興味を持った方、始めてみようと思った方は利用してみてはいかがでしょうか!

Airbnbで自分を成長させる

自分を成長させるものというのはいろいろなものがあると思いますが、経験することで見えてくるというものが確かにあります。その点でできることは海外旅行かもしれません。日本の社会にどっぷりと浸かっていると、見方が狭いものになってしまうことがあるものです。世界を見ることで違った景色、人々の生活習慣や考え方などを学ぶことでそこから得られるものは数え上げればきりがないほどあるかもしれないのです。海外旅行は以前ほど難しいものではなくなってきています。低価格の格安航空の台頭により比較的安く、アジアや東南アジア方面にいけるようになりましたし、ツアーも充実してきています。とはいえ、ただ単に海外に行くだけで得られるものは限られています。現地の人たちと触れあい、その生活に密着することでその土地から学んでいくことができるのです。それは容易なことではありませんが、それを可能にするのがAirbnb(エアビーアンドビー)というサービスです。

これはその現地の人たちが自分の家などを貸し出ししているサービスのことであり、これを利用すれば現地の人と同じような生活ができることになります。いわば民泊にも似ていて、家の一部屋を滞在用に借りたりすることができるということなのです。一緒に食事をすることもあれば、会話をすることも多くなります。普通の部屋に滞在するので地元の暮らしが見えてくるのです。生活の知恵や地元料理を楽しむことさえできるかもしれません。このようにAirbnbサービスというのは現地の人たちと旅行者との結びつけるツールになるのです。しかも費用はとてもリーズナブルであり、ホテルを利用するよりもずっと安く滞在ができることになるのです。Airbnbサービスは世界の広範囲で利用できるようになっており、登録している人たちはどんどん増えてきていますので、旅行の際には是非とも利用したいですし、このようにして自分を成長させていきたいものです。

旅行者により良いサービスを提供する空き部屋

旅行者に人気のあるサービスにAirbnbがあります。これは、旅行先で一般の人たちが住んでいるような住居を借りる事ができるというサービスになります。

本来は旅行の際はホテルに宿泊するべきですが、ホテルよりも、一般の住宅の方が安く借りることが可能になります。このようなサービスを影響するようになってから、旅行者に反響が良い状態が続いており、Airbnbに登録されている物件数も飛躍的に伸びてきているのです。

そうなってくると、自分の賃貸住宅を地元の人に貸すのではなく、Airbnbで提供する物件にした方が収入が増える可能性が出てくるのです。

旅行者に貸し出すときには、テーブルやソファーやてれび、冷蔵庫や電子レンジなど生活で利用するような道具をすべて揃えておく必要があります。

長年Airbnbの宿泊施設として運用していくのであれば、初期投資はさほど負担にならないので、家具類などもデザイン性に優れた多少高価なタイプを選ぶべきです。

空き部屋を買いたいと思う人は、写真でその部屋の細部まで確認してから借り入れの予約を入れるので、あまり見たことがない貴重な家具類が並んでるというのはメリットになります。

そのような貸し出す部屋を管理するのはちょっとした手間になるのです。旅行者が現地に到着してアポイントを取った時間に鍵を渡す必要があります。そして、旅行者が帰った後には清掃員を入れる作業が必要になってくるので、それらを委託する会社に依頼することが大事です。

つまり、メンテナンスにある程度の費用がかかるのでそれらを差し引いて利益が出せるかどうかを、前もって見積もっておく必要があるのです。空き部屋のホストの方が自分で部屋を掃除するというやり方も有効で張りますが、不動産を専業にできる人で無い限り時間の都合が難しのです。

そうなってくると、Airbnbで利益を出すのは容易ではないという事が分かってくるのです。合理的にすべての作業をこなすことができ、多くの物件を運用することができれば、利益は次第に増えていく事になります。

Airbnbのホスト側のメリットとデメリット

Airbnb(エアービアンドビー)というサービスが近年話題になってます。このサービスについて初めて耳にしたという人もいるかもしれません。いったいAirbnbとはいったいどのようなサービスなのでしょうか。それは、宿泊先として借りたい側と貸したい側をマッチングするものです。世界中で現在このサービスを利用することができます。では、実際にホストとしてAirbnbを利用することにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
まずメリットとして、空き家を宿泊施設として貸し出すことができるので、収入を得ることができるということです。これまではただの空き家として扱っていたものを貸し出すことができるので、実際に儲けることができます。さらに、ある程度整備する必要があるので、最初に初期投資が必要ですが、その分、空き家にしておくよりも家の状態をよく保つことができます。
次に挙げることができるメリットは、外国人と交流できるというものです。もちろん、ホスト側はお客さんを観光案内した利する必要はありませんが、ホテルというよりもホームステイに近い感じのサービスなので、ある程度密な交流を楽しむことができます。すでに外国語を勉強している人にすれば、普段なかなか知り合うことができない外国人と過ごせる機会となるので、大きなメリットがあります。さらに、こうした機会に世界中の人と友代となることができます。その後も継続的に交流を深めていくことが可能です。またホストとして家をかすとairbnb couponをもらえる制度があります。airbnbクーポンの使い方はここでは詳しく書きませんが非常にお得ですよ。
では、ホスト側にとってはどのようなデメリットがあるのでしょうか。一つは治安という問題です。実際に、隣の家に常に見知らぬ外国人が住んでいるというのは不安を感じるものです。それで、もしこれから空き家を貸し出すことを考えているのであれば、近所の人にそのことを伝えておくことは必要です。そうすることによって不必要な誤解を避けることができます。
このようにAirbnbにはホスト側にもメリットがあれば、デメリットがあります。それを理解したうえで利用すると楽しく続けることができます。

より柔軟に旅行を楽しむために

旅行をするときにはホテル選びで困ることが多くなりますが、ある程度広い部屋を探すとそれなりの金額になってしまいます。そこで考え方を変えて、旅行先の現地にある物件の空き部屋を探すという方法があります。

これをAirbnbと言うのですが、今では全世界に利用できる空き部屋が登録されていて、自分好みの物件に宿泊するような旅行を計画することが可能になっています。

ポイントになるのは、生活をするような道具がすべてそろっていると言う事です。つまりキッチン用の道具から洗濯機などの家庭で当たり前に使っているような電化製品などもあるので、旅行先で現地の人と同じような生活をすることができるのです。

基本的には旅行者向けのホテルではなく、現地で済む人たちの物件である事が多いので、より現地の生活内容を体験することが可能になるのです。

このAirbnbを利用する為には、旅行の前段階で自分の旅行先の地域の情報を調べるのです。自分の旅行のプランと目的の地域の情報をAirbnbのサイトに登録し、その近隣の物件をチェックしていきます。

都会であっても田舎で会っても多くの物件が登録されているので、自分がお気に入りの物件を探すことができるのです。

時には、森の中にあるようなコテージを借りる事もできれば、高層ビルの一部屋を借りることも可能なのです。昔ながらのお城を貸し出している物件もあったりと、ホテルに宿泊して旅行をするよりも、更にエキサイティングな旅行が楽しめるのです。

そして、ホテルに支払う宿泊料よりも安くなる可能性もあります。そのあたりの料金は国によっても変わってくるのですが、安い旅行をするためにAirbnbを利用するという考え方も有効なのです。

世界各国で宿泊施設を提供してる人の考え方によって、貸し出し施設の中身が大きく変わるので自分の希望する内容の施設であるかを多くの情報から絞り込んでいくという作業が必要です。町中の観光よりもよりよい宿泊施設を目的に旅行をする考え方もありです。