airbnbに関する考察

Airbnbのホストがするべき安全配慮基準について  

Airbnbは、空いている部屋を貸し出しすることで、収入を得ることができるサービスになっています。アメリカ発祥のサービス会社ですが、日本でも急速にサービスを拡大している会社です。旅館やホテルとの違いは、現地のホストと触れ合える点、その国の日常的な空気を感じ取れる部屋に泊まれる部分です。

現在190カ国以上でAirbnbが展開されています。今後もますます需要があるサービスとなるでしょう。理由は、ホテルよりも安く泊まることができる部屋も多く登録されているからです。予算に限りのある旅行者の場合、Airbnbで宿泊先を探せば、激安料金で泊まることもできる部屋も見つけることができるのが魅力だからです。

Airbnbを介した場合のホストとしてのもてなしですが、必ずしも宿泊利用者と接触しなければならない、ということはありません。ホストそれぞれの考え方や運営方針の裁量に任せられているからです。自由度の高い宿泊利用サービスサイトではありますが、ホストとしての基準も設けられています。

安全面では、緊急時の連絡先の明示、救急箱のセッティング、国際建築法を満たしている防火配慮、避難経路の目印などをしっかりとしなければなりません。空室を提供して収入を得るかわりに、しっかりとホストとしての責任も果たさなければならないのです。

利用人数に関しても、自分が住んでいる自治体の規則があれば、従う必要があります。安全配慮のため、むきでているままになっている電線も保護する、階段に手すりがなければ手すりの設置なども必要になります。Airbnbでは、外国人の旅行者を想定しているため、空調にも万全を期していなければなりません。貸し出しする予定の部屋にエアコンがなければ、エアコンの設置も必要になります。

ゲストがいつでも、快適な温度の部屋で過ごしてもらうためには、エアコンが必要になるからです。日本の湿度や寒さに慣れていない外国人旅行者は多いので、エアコンの設置は外せない項目です。安全面の配慮をしっかりしてこそ、過ごしやすさにつながります。それがホストとしての人気も高まり、収入増へとつながります。

「暮らすように旅をしよう」というAirbnbの理念に誘われて

旅に出た時、一番感じたいのは現地の空気感ではないでしょうか?まして行き先が海外なら、なおさら現地の生活を感じてみたいですよね。そんな旅の理想を具現化するサービスが、何かと話題のAirbnb(エアビーアンドビー)です。
家を貸しても良いと思う人がサイトに登録し、借りたい人がそれを見て、好みの家を探して申し込むというのがAirbnbサービスの使い方です。利点としてはネイティブと同じ生活を体験できるという事と、値段の安さが挙げられるでしょう。貸している方の多くが、暴利をむさぼるためにこのサイトを利用している訳でなく、「旅する人に、自分の国を好きになってもらいたい。」という、ある種の国際交流のつもりで貸しているからこそ、料金が低めになっていると言えます。
世界190か国に上る地域で借りる家を検索できるようになっており、このシステムの世界的広がりに目を見張るばかりです。
今まで旅行というと、まずホテル探しから始めていた人間からすると、Airbnbのサービスは目からウロコが落ちるような気がすると同時に、なんだかひどく自由になったような気がします。サイトのトップページに書かれた「暮らすように旅をしよう」という一文が、このサービスの全てを表現しているように感じます。
Airbnbのサイトでは、自分が旅行のため自宅を留守にする間、サイトを利用し自宅を人に貸し、貸したお金を自分の旅費に当てることを提唱しています。一度借りてみた後は、恩返しの気持ちを込めて、今度は貸す側に回ってみると良いかも知れませんね。
折しも日本への旅行熱が高まり、旅行者の数は年々増える一方です。さらに数年後には東京オリンピックを控え、ますます海外から訪れる旅行者の数が増えることが予想されています。ロンドンで開催されたオリンピックが、Airbnb利用者のイギリスにおける拡大を後押ししたという見解があり、東京でも同じことが起きるとされています。この流れを逃さず、あなたもAirbnbの一員として、「おもてなし」の心を披露してみては?

Airbnbは旅行の感覚を変えるサービスという点

遠くに旅行に行く際には準備や計画が必要で複雑なケースが多いです。最近ではどういう場所に泊まるのかも大きな問題として存在しています。ユーザーが求めているのが格安で旅行に相応しい場所です。できるなら現地で泊まれる場所を見つけられると幸運な感覚になれます。

Airbnbは斬新なサービスで既に世界中の支持を集めていて面白いです。これを使うと現地の珍しい家に泊まることができるのでテンションが上がることがイメージできます。旅行を楽しむためにはそういった斬新なサービスも必要なのでこれは最高です。実際に現地で泊まった人の体験談も分かるので気になる時はチェックできます。

現代人は旅行に意外性を求めていてそのためにこういったサービスが人気なのです。話題のAirbnbは世界中の面白い場所に泊まれるので特別な体験になることは当然です。またその泊まれる場所には島や豪華な家もあるのでチェックするとより楽しくなります。できるなら最高の環境に泊まって旅行を素晴らしい経験にしたいものです。

Airbnbの成功で分かったのはユーザーが斬新な旅行を追求している点です。実際にこれを使っている人は他の人とは違った視点で旅行を楽しんでいます。だから規格外の旅行を計画していて面白いサービスがそこに入ってくるのです。現地で好きな家を選べるのは個人的にも得なのでお勧めの内容です。

やはり旅行では普段とは違った感覚を楽しみたい考えがあります。Airbnbが提供しているのはそういった要望に応えるメニューです。実際に信じられない場所に泊まれれば人生はより面白くなります。また一度だけの体験でも最高の場所に泊まれると幸せになれるのです。今は旅行の感覚が昔とは違うのでこういうサービスは積極的に使うべきです。新しいサービスは常に一般ユーザーの考えを超えてきます。現地の人は様々な家を持っているので試しに見てみるのも価値があります。これらのサービスによって新しい旅行のスタイルが広がったことは高く評価できます。

信用できない!?Airbnbの安全な利用方法!

今巷でなにかと話題なAirbnbですが、本当に信用してもよいのでしょうか?一時的とはいえ赤の他人に家を提供するわけですからホスト側は勿論、赤の他人の家に泊めてもらう利用者としても何かと不安になってしまいます。実際にこのAirbnbというサービス名で検索をかけてみると予想外のトラブルに巻き込まれてしまった人の書き込みが目につきます。ホストの方が暴行されてしまったり、また家のものを破壊された、娼婦宿として利用されてしまった等様々なトラブルが起こっているようです。

こういったトラブルが起こるのを未然に防ぐために、事前にホストと利用者でコミュニケーションをとることができます。お酒を飲むのか、たばこを吸うのかといったことから話すことの出来る言語からお風呂の有無まで様々です。airbnbホストとしてこのサービスを利用するつもりであれば、まずは宿泊者を女性の方に絞った方がよいでしょう。実際女性の方に限定して募集をかけている人はとても多く、男性で利用者としてこのサービスを利用しようと思ったら少々肩身の狭い思いをするかもしれません。

さて、タイトルにも書いたこのサービスの恐ろしい罠の部分についてですが、このAirbnbはそういったトラブルが起こった場合、ある程度保証金を支払ってくれることになっています。今までの事例で言うと最大8000万円の保証金が支払われたことがあったそうです。この保証金ですが、必ず支払われるものだと思っていると痛い目を見てしまうかもしれません。トラブルが起きた場合、厳正な審査が行われるのですが、その審査の結果保証金を受け取ることが出来なかったという話を聞くことが出来るのです。もしもホストとしても、利用者としてもこのAirbnbというサービスを利用するつもりがあるのであれば、そういった注意事項に一度は目を通しておいたほうがよいでしょう。性善説に基づいてつくられたサービスですから、もしものことが起きた場合、自分で対処するつもりくらいの覚悟が必要です。

印象に残る宿泊施設に泊まりたい

海外旅行の際に安く宿泊施設を利用することができるAirbnbを利用する際には、事前にネットで利用登録をしておくのです。そして、実際に旅行先の地域の物件をネットで探して回るのです。詳細な写真が掲載されているので、その写真の内容をもとに部屋の間取りや立地条件などをいくつも調べて行くのです。そこで注意したいのは自分が行きたい観光地からあまり離れていない物件を探すことです。

観光地から遠すぎると、現地のレンタカーを借りて移動してもかなりのロスな時間が発生してしまうのです。町並みをドライブして楽しむというプラス要素もあるのですが、現地で渋滞する時間帯などもある為、これらを考慮に入れていくとある程度の地域へ絞り込まれていきます。最近はAirbnbに登録されている物件数もかなり増えているので、特定の地域に絞って検索をしても見つけることができるはずです。このように、自分の利用範囲をよく考えて物件を探していけば、利便性が良くて見た目にも良さそうな物件が見つかるのです。

そして、旅行の日程を照らし合わせながら必要な日数の予約を入れるようにします。そして、物件のオーナーからの予約受付のOKサインを待つのです。そして、その連絡が来たらその物件を借りることができることになります。このようにして、世界中の物件を自分の旅行プランに応じた日数だけ借りる事が可能になります。ほとんどの物件は近くの安いホテルを借りるよりも安い価格設定になっているはずなので、よりリーズナブルな旅行を楽しむことができるのです。

そんな事があるので、宿泊費用の予算を通常と同じ程度に見積もるのであれば、よりゴージャスな宿泊施設を探すことも可能になります。例えば、ペンションやコテージなどのアウトドア感がある部屋を探したり、古いお城のような物件を借りることも可能だったりするのです。そのような楽しみが広がるので、Airbnbで物件を探す人が増えているのです。観光地だけでなく宿泊施設でも楽しめる良い旅行が期待できるのです。

Airbnbの展開と旅館業者の今後について

旅の楽しみの一つとして、ホテルや旅館に泊まるという事があります。私自身も子供の時に旅行に行けば、旅先の日中のスケジュールも好きでしたが、いつもとは違うホテルや旅館で過ごす夜が大好きでした。いつもとは違う場所で寝る、というただそれだけのことなのに、子供ながらに興奮していたことを思い出します。最近は世界190カ国以上でAirbnbというサービスが展開しています。これは旅行者などに部屋や物件を宿泊施設として提供するサービスです。もちろん有料で、宿泊料は場所や土地柄によってAirbnbのサービスを提供するホスト自身が決める事ができます。日本ではあまりなじみのないAirbnbのサービスですが、海外では利用者も多く、バックパッカーのような単身だけでなくファミリー層にも人気があります。ホテルの宿泊とは違い、現地の空気を肌で感じ、人との交流を楽しむことができるのが大きな魅力の一つです。また周辺のホテル等に比べて、宿泊料が低価格のケースが多いので、安く宿泊したい人にとってはありがたいサービスです。このAirbnbは個人でも登録可能で、宿泊料だけで稼ぐ人は年間に数百万円稼ぐというのだから驚きです。もちろん泊める部屋や物件の清掃、管理、アメニティの費用など出費もありますが、それでも大きな黒字になっている人がいます。日本国内では現在のところ旅館業法に抵触しつつも法に触れていないため、Airbnbは割と簡単に始める事ができます。そういった背景もあり、Airbnbを利用する人がふえる事によって国内のホテルや旅館のお客が減少するという危機感もあります。ただでさえ人口減少になり、不景気などによってホテルや旅館の経営ができなくなるところもあります。それに加え、新たにAirbnbというライバルが出現することによって、さらに国内のホテルや旅館が苦戦を強いられるのは目に見えています。もちろんAirbnbが浸透することによって法的整備がなされる可能性はありますが、国内のホテルや旅館にとっても新たな戦略が必要になりそうです。

リラックスできる宿泊施設が好ましい

長年旅行を楽しむようになってくると、同じ国に何度か楽しみに行く事があります。そうなってくると現地でどのような楽しみ方が良いのか分かってくるのです。そして、宿泊する宿もよりリーズナブルな宿を選ぶようになってきます。

最近は、Airbnbというサービスで宿を借りることが多くなってきており、世界的にもこのサービスで提供している宿泊施設はかなり増えてきているようなのです。

Airbnbは、世界各地で空き物件となっている部屋を、旅行者に提供するシステムです。旅行者は、その物件の写真を参考にして自分の旅行する範囲にある物件を探すのです。

見た目に良くて、所有しているオーナーの信用度もありそうな場合には、宿泊を申し込むことができるのです。その建物の中には生活に必要となる家具類などはすべて利用できる状態にあります。

そんなAirbnbを利用すると、世界各地の地元の人たちが生活している風景を見る事ができます。そして同じ環境で生活できるので、よりその国の文化を堪能することができるのです。

テレビやラジオなどで現地の情報を得ることができるし、何より短期間の旅行者が宿泊する事が周りの人たちに分かるので、ちょっとした歓迎を受けることがあるのです。

その地域ではどのような文化なのか全く分からないので、美味しい食べ物が振る舞われたりすることもあるのです。現地の旅行ガイドに掲載されている美味しいレストランに行って楽しむ事も良いですが、現地の人たちなら直接おもてなしを受けるのも非常に興味深い事です。

なので、旅行を取るときの楽しみがもう一つ増える可能性があります。ほとんどの場合、ホテルに宿泊するとお風呂に入って就寝するだけの時間がホテルで過ごす時間となります。

しかし、その時間も旅行の時間内に踏まれているので、より現地の人たちが普段見ているような状態を体感することが求められるのです。

Airbnbの利用した場合では、ホテルよりもリラックスした感じで部屋を使うことができるのです。

airbnbは旅行の革命

今、airbnb(エアビーアンドビー)がとても話題になっています。エアビーアンドビーというのは、現地の家を借りられるサービスです。従来は、旅先ではホテルを借りるしかありませんでしたが、発想を転換させ、個人の家に泊まってもらえばいいのではないかと考えたわけです。
これは実にコロンブスの卵的なアイデアではないでしょうか。このようなことが爆発的に広まったロンドンオリンピックからのようです。これは、貸し出す側にとっても大変なメリットがあります。自宅をそれなりには守っておく必要はありますが、しかし、貸し出すことで収入になることはたしかです。一泊いくらですから、毎日貸し出せるのであれば、そのお金で食べていくこともできるわけであり、それなれば貸し出そうという人も大勢いて当然ではないでしょうか。
借りる側にとっても、非常にいい経験になるでしょう。ローカルな習慣というのは、これまでのホテルでの滞在ではなかなか味わうことができないものでした。しかし、このエアビーアンドビーでは、ローカルな暮らしをそのまま味わうことができるわけです。これは従来の旅行の概念を覆すくらいのインパクトがあるものと言えましょう。
たしかに、法整備が必要ということはあるようです。日本では岩盤規制のようなものがあるので、これが広がるにはまだ時間を要するかもしれません。しかし、日本でも、エアビーアンドビーはそれなりには行われているようであり、広まるのも時間の問題ではないでしょうか。
これにより旅行の概念は革命的に変更されますので、従来は旅行などしなかった層も、旅行を楽しむようになることが想定されています。実際、エアビーアンドビーで旅行客が落とす金は、従来の旅行客よりも大きいようです。家でじっとしていることの価値も現在では増えてきているようですが、それを上回る価値をエアビーアンドビーが持っていることを、自宅好きに認識させられるかが問われています。

airabnbが日本で定着するのか?

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが、今世界中で評判となっています。
こちらは世界で自宅などを借りることができるというサービスになっており、世界中の旅人などに使われています。
日本でも今現在東京などでたくさんの登録があるなど、急速に発展しており、利用している人の数も増えてきているといわれています。
こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、このように世界中の外国人などが利用していますので、日本にも普及されつつあるというのが現状となっていますが、しかし日本ではまだまだ定着しているとはいいがたい、という感じになっています。
Airbnb(エアビーアンドビー)を知っているかどうか、というと知らない人の方が多いですし、また実際に家族旅行だったり、さらには自分たちの旅行で、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用したことがあるというひとはほとんど利用したことがない、というのが現状だと思います。
日本人がこうしたサービスをあまり利用しない、定着しない、というのはなぜなのでしょうか。
まずはこれは、文化の違いなどが挙げられるといわれています。
たとえば、しらない外国人などを宿泊させる、というのが日本人にとってはあり得ないことになっていて、また問題が起こったときの対処などを考えると、割に合わない、ということが大半であるとされています。
言葉も通じませんし、また日本国内でも英語が普及していない、というのもその原因の一つではないか、といわれていたりもします。
日本人の場合、旅館なども根強く残っており、規制なども厳しくなっていますので、こうした制度などを取り入れようと思うと反対をする人などもとても多くなっているということなのです。
こうした現状から、日本ではなかなか普及しないのです。
しかし、これから先はまだまだ可能性があるサービスであると思いますので、興味のある方は、登録をして試してみるということをおすすめしたいと思いますね。

Airbnbで500万円儲けたというのは本当?

Airbnbで500万円儲けたというタイトルがあったのですが、「Airbnbとは何?」と疑問符だらけになってしまいました。ただ、どこかで最近見かけたような気もしていました。

その記事を読んでみると、どうやら自宅を「宿」として営業しているようで、その年商が500万円になったのだとか。年商500万円だから利益は少なくなるのだろうけど、それにしてもなかなか稼ぐことができるのがAirbnbというもののようです。

自宅を宿にするというのは、どうやら外国人観光客を相手にするサービスのようで、アメリカ生まれのようです。Airbnbは、「民泊」プラットフォームと呼ばれているようなのですが、自宅に泊めることをAirbnbというのではなくて、Airbnbというサイトか会社があるのかもしれません。Airbnbは部屋の予約があるたびに手数料を得ているとあるから、Airbnbがそのサービスを取り仕切っているという感じのようです。Airbnbが日本でもサービスを提供しているから、冒頭の人のように、すでに稼いでいる人がいるということなんでしょうね。世界190ヶ国に広がっているみたいです。

自宅に泊めればいいだけなので、特別に何かを用意したりしなくてもいいということなのかな?ホストとして、ゲストをおもてなししたりする必要はないのでしょうか?何か盗まれたり、壊されたりしたらどうするんでしょうね。ホテルや旅館ではないから、Airbnbは許可とか届け出も必要ないのかもしれません。ただ宿泊させているだけということになるわけなのかな?友達を宿泊させているって言えばいいのかもしれませんね。おそらく、普通に暮らしている自宅に宿泊させるということではなくて、空いている部屋があるとか、空き家になっている家を使っているのがAirbnbなのかなあ?ゲストとして迎えるということになると、ホームステイみたいになっちゃいますものね。ショートステイということでしょうか?

でも、ホテルや旅館と違って、外国の一般人の家に宿泊するというのは、思っている以上に楽しいかもしれません。ホテルだったら、どの国に行ってもほとんど同じでしょうから。まあ、外国人なら日本の旅館は楽しいかもしれませんが、普通の人々の家という方がその国のことがわかりそうです。もしAirbnnbを利用する事があれば普通の民家を希望します。