日本でも拡大が見込まれるAirbnbサービスの利用

ここ最近Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスについて、新聞やテレビでの報道が増えてきています。
Airbnbとは、ネットでの登録を通じ、自宅を貸したい人と借りたい人とを結ぶサービスのことです。現地の普通の暮らしを体験できるとあって、一歩先行く旅行の形を楽しみたい人たちの間で、大人気となっています。借りられる物件としては、個人のお宅以外にもお城やツリーハウスといったユニークなものもあり、旅行する人たちの冒険心をくすぐるラインナップに、サイトを覗くだけでも充分楽しめます。
欧米では大分ポピュラーなサービスになっているAirbnbですが、日本ではまだまだ目新しいです。借りる側として使ったという方も少く、まして貸す側で使ってみたという人は尚更希少という状況です。
しかし東京オリンピックによる外国からの旅行客の増加によって、日本国内の宿泊施設の不足が予測されている今、Airbnbのサービスの日本における拡充を望む外国の方々の声は大きいです。こういった要望を受けて、「一つ国際協力がてら、ボランティア的に自宅を貸してみようか?」と考えてみるのも良いかも知れません。もちろんちょっとしたお小遣い稼ぎにもなる点も、嬉しいですよね。
ただし見知らぬ他人に部屋を貸す以上、何がしかのトラブルに見舞われる危険は、やはり無いとは言い切れません。海外などでは、部屋を汚く使われたというトラブルも報告されています。Airbnbのサイトでは、泊まった方へのホストからの評価が記載されており、用心のため評価が高い人しか泊めないなどの自衛策を講じた方が良いでしょう。
また最近は、Airbnbで貸すことを事業として捉える人たちと、ホテル業界との軋轢が、各国で問題化しています。自宅ではなく、Airbnb用にわざわざ購入した物件を登録するホストがいて、それが正規の法律に従って営業をしているホテルの経営を圧迫しているのです。
海外では警察に摘発されるケースも出てきています。Airbnbはやはりボランティア的に使用するべきと感じるところです。

SNSでもご購読できます。